基礎文法・語彙・発音からのやり直し英語♬

Angel English Club-エンジェルイングリッシュクラブ

ブログ

「カタカナ英語、何から直す?Part3 母音その2」

更新日:

こんにちは、エンジェルイングリッシュクラブのあきこです♪

Homeは、ホームじゃなかった。そんなことはご存じだったかも知れません。

練習して、定着させるのは野球やテニスの素振りのようなものですから、まず正しいフォームを習い、身につけ、そして「定着させる」必要があります。

そのためには数十回、数百回の素振りは必要ですよ。でも、案外大変じゃないです。だって、

 

  • 単語単位の繰り返しなら数十回やっても数十秒しかかからない。隙間時間でできる。
  • 「通じる英語、発音」「聞き取れるようになる」ために必要、有効と理解して取り組んでいるから。
  • 結果がでることを実感しながら進めるから。
  • 好きでやっている、必要でやっているから

 

さて、もう一つの「日本人苦手母音」は何だと思いますか?

 

次の単語を読んでみてください。

 

cat, bag, back, hand, half, answer, last, ask,,,

 

ご存知の単語ばかりだと思います。

キャット、バッグ、バック、ハンド、、

と言う風に読んでいましたか?

 

上の単語のaにあたる部分は発音記号で言うと

 

「ae」みたいに書く音です。本などによっては「エのくちの形でアと発音」「aとeを組み合わせた音」などと書いてあります。私は「ベターっとしたア」などと言ったりしています。強調しすぎるとあまり上品ではない音なのですが、そんな心配をする必要がないくらい、この音を発音していない人は多いです。

しかし、例を挙げたようにかなり多くの単語にこの音が含まれていて、割と強い意味の言葉が多いように思います。つまりこの音がきちんと発音されていないと、前後関係から勘違いされることはないにしても、その言葉の意味がしっかり伝わらないように思います。

 

Ask, and it shall be given to you.

(求めよ、さらば得られん)

 

少しずつ紹介していきますね♪

 

-ブログ

Copyright© Angel English Club-エンジェルイングリッシュクラブ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.